うめこログ 

40代子育て主婦のシンプルライフログ

『本当に必要なものはすべて「小さなバッグ」が教えてくれる』

calendar

reload

株式会社クロスメディア・パブリッシング 書籍編集部の播磨谷(はりまや)様が「本当に必要なものはすべて「小さなバッグ」が教えてくれる (ミニマムリッチシリーズ)」(横田真由子 クロスメディア・パブリッシング 2016年)をご恵贈くださいました。

1607241
誠にありがとうございます。

実はこれ、私のアマゾンの欲しいものリストに入っていました。
1607242
6月6日に入れていたという・・・。「今に至るまで購入せず申し訳ありません」という気持ちを抱きつつ、本当にありがく頂戴しました。

スポンサーリンク

本について

著者はGUCCIの獲得数ナンバーワン販売員を経て現在キャリアカウンセラーとして活躍されている方です。

この本の構成は全部で4章です。

プロローグ 豊かな人生は小さなバッグから始まる
Chapter1 ミニマムリッチという考え方
Chapter2 お金をかけるにはポイントがある-厳選アイテム10点
Chapter3 エレガンスと美意識の磨き方
Chapter4 小さなバッグを持つ生き方

身軽になることの良さ、豊かな人生について、モノの選び方など参考になるところがたくさんありました。残念ながら全部を紹介できないので、いつものごとく印象に残った箇所3点を紹介します。

1.ミニマムリッチという考え方について

私はハイブランドに縁のない暮らしをしています。著者がGUCCIの元販売員ということもあって「いいものイコール、ステータスの高いものばかり出てくるのかな?」と内心思っていました。

読んでみて、いい意味で裏切られました。もちろんステータスの高いモノにまつわるエピソードもありますが、ファストファッションを利用するエピソードもあり、モノの見方を鍛えてくれる本だと思いました。

 いつも自分にとってちょうど良い価格帯の店ばかりに行くと、当然ながらそのお店が自分のスタンダードになり、他を知ることができません。
けれども1番上と1番下がわかれば、おのずと真ん中はわかります。
上から下までの幅を知ることができるので、より確実に自分が求めているものを選ぶことができるようになるのです。
(46ページ)

「ああ、なるほど」と思いました。1番上だからいいという訳でもなければ、下だからといってダメでもない。そのときどきの状況や気分に応じて柔軟にセレクトできることが素敵なのですね。

2.ジャケットの選び方について

ファッション事情に疎い私はChapter2の厳選アイテムの選び方がとても参考になりました。

 プラス1万円なら普通の生活の背伸び、プラス2万円の背伸びは、手を伸ばせば脇腹が痛くなるくらいの背伸びです。成長痛が伴うくらいの1枚を、「このジャケットに見合う仕事をする」という決意とともに、手に入れてみましょう。(103P)
(中略)
ジャケットとバッグの総額がそれほど高くなくても、格が揃っているとバランスが良くなり、好感度がアップします。
目安としては、着ているジャケットの1.5倍以内の値段のバッグがおすすめです。
(中略)
ビジネスシーンで1番におさえるポイントはジャケットとバッグ、その次に靴。それ以外は安いもので揃えても大丈夫です。(104p)

私は働いていませんが、働いていないからこそ役に立ちました。滅多にない改まった席のときに役立ちそうです。チグハグな印象を与えないコツを知ることができました。

3.メイクブラシの選び方について

同じくCapter2です。

コスメを買うのを我慢して一度は上等な化粧ブラシを手に入れれば、今持っているプチプラコスメを、上等な化粧品を使っているかのような出来栄えに見せることができるのです。
化粧筆はお手入れ次第でかなり保つので、消耗品である化粧品に高額を支払うよりも、コスパのいい買い物と言えるでしょう。(129p)

「化粧筆はいいものを使え」と時々雑誌などで見かけます。しかし、どういいのか、なぜいいのかまでは触れていないので「ふーん」と読み飛ばすだけでした。また化粧品の宣伝はたくさん見かけますが、化粧筆の宣伝はほとんどみかけません。

そんなこともあって化粧筆の優先事項は日常生活で全く上がってきません。結局、付属のチップで済ませてしまいます。ここを読んで「プチプラコスメでも仕上がりが違う」ということを知り、手に取ってみたいと思ったのでした。

読み終えて

文章も読みやすく押しつけがましくなくてスーッと入ってきました。

お手入れの大切さも触れていて、この本を読んだ後に自分のバッグに革用クリーナーをつけてお手入れをしたのでした。

2016年7月28日に「プチ品格サロン」があり、著者の横田真由子さんのお話を直接聞くことができました。実践的なバッグ選びのヒントを頂けました。



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いている人

木野うめこ(Umeko_Kino)

木野うめこ(Umeko_Kino)


夫と小学生の男の子2人、4人家族の40代主婦。シンプルライフを心がけています。日常のことをいろいろ公開しています。(詳細プロフ

プロフィール画像は【ココナラ】で依頼しました。⇒お名前・電話番号の入力不要。無料会員登録はこちら
紹介コード「x4nn3」を使ってください。新規登録の方に300pt付きます。