PTA役員をやりたい方は遠慮せずに立候補をお願いします

 

PTA活動日でした。推薦委員の初顔合わせの日でした。

PTA推薦委員の集まり

今年度の私の役について

私が今年度頂いた役は下記の通り。

  • 幼稚園連合(前年度役員、5月下旬の総会で今年度役員へ引き継いで終了)
  • 次男のクラス委員(会計担当)
  • 地区委員(推薦委員担当)

すべての活動が重なっていた5月末までがキツかったですが、まず幼稚園連合が終わり、5月末にひとつ減りました。地区委員は本来なら推薦委員の活動をすればいいのですが、他の地区委員の方が誰もPCが使えないとかで地区委員の仕事を全部請け負っています。

そんな訳で、2学期現在はクラス委員、地区委員、推薦委員の実質3つです。頑張ってるぞ、自分。

推薦委員について

推薦委員とは、来年度のPTA本部役員を決めるお手伝いをする係です。リクルーターです。

2学期に来年度のPTA役員募集の案内を出して、そこで「やってもいい」という方がいたら「お願いします」の連絡をします。誰もなり手がいない場合は、各家庭に「本部役員やりませんか?」という電話をする係です。

なかなか二の足を踏むような役回りです。地区委員決めをしたときの状況で推薦委員が回ってきました。地区委員長か推薦委員のどちらかという究極の選択で推薦委員を選びました。

推薦委員三役決めの様子について

推薦委員の顔合わせ、単なる三役決めでした。予想通り手を挙げる人がいません。なんかみんな事情があるの。働いている人はもちろん、子どもが3人、4人いたり、役を掛け持ちしていたり・・・。

結局推薦委員長はくじ引きとなりました。結果、委員長は引かずに済みました。ホッとしたのも束の間、次は副委員長決めです。

「副」ってだいたい名前だけで実質何もないんだけど、推薦委員の副委員長は連絡係でそこそこ活動がある。なぜかクジではなく、じゃんけんで決めることに。おまけに勝った人が副委員長という展開。

実は私の特技は「じゃんけん」です。直感でじゃんけんをしているので何の秘策もないけど、なぜか確率以上に勝ちます。

特技なんて言ったもの勝ちなので「特技:じゃんけん」で通してます。

話のネタなので仮に負けても「あはは」と笑ってます。

うめこ

そんな訳でイヤな予感が頭をよぎるも、「いざ、勝負!」

副委員長キタ━(゚∀゚)━! ( 案の定、勝ちました・・・ _| ̄|○ )

しゃあない。去年と今年はこういう役回りなのだと自分を納得させる。

本部役員の人に「運動会で興味のある人がいたら、本部役員テントまで連れてきてくださいね~♪」とも言われた。運動会要注意ですぞ。(って、運動会の最中にそんなことをする余裕はないから大丈夫)

好きなこと・興味あることは公言しよう

世の中には「実は私、本部役員、PTA役員をやってみたい」という人もいると思いますが、どうでしょう?でも、「自分から『やってみたい』と言うのってどうかな~?」と思っていませんか?

そんな遠慮は不要です。ぜひ申し出てください。推薦委員も現本部役員も感謝しまくりです。運動会のテントにGO!です。

私は文章を書くことが好きですが、周囲は「文章を書くのは絶対にイヤ」という人が多くて、何となく口に出しづらいところがあります。うっかり「書くことが好き」と言おうものなら奇人変人扱い。

でも「書くことが好き」というと、「書く」ことに関する情報を得られたり、ささやかなことだけど何かを依頼されたりすることもあります。そしてそれは小さいことでも非常に嬉しいものです。

好きなことや興味あることは宣言した方がその後ハッピーな方向に進むと思うのです。「いつまでたっても声がかからない」ならば、内に秘めていて伝わっていない可能性が高いです。

PTA活動が好きな方、声高々に宣言してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。