うめこログ 

40代子育て主婦のシンプルライフログ

家計の全体像が見えた!【夢を叶える家計管理のコツ4】

calendar

reload

この記事では今までのステップを振り返ります。STEP1〜4までの作業を整理しましょう。

スポンサーリンク

STEP1~STEP4までの振り返り

furikaeri

Aさん一家の家計です。金額は年額です。

収入全体400万円手取り給与、児童手当、お祝いなど
税金14万円給与天引き以外の税金
固定資産税(10万)
自動車税(4万)
可処分所得386万円収入(400万円)から
税金(14万円)を差し引いた額
希望貯蓄額
(学資保険含む)
74万円貯蓄50万円
学資保険24万円
実際の生活費に
回せる金額
312万円可処分所得(386万円)から
貯蓄(74万円)を差し引いた金額
今年1年の実際に
かかった生活費
300万円銀行口座からの支出(204万円)
手元の現金管理(96万円)

次に 生活費にまわせる金額 と 実際の年間支出額 に注目します。

生活費に回せる金額 > 年間支出額 の場合

この場合、家計には余裕があることになります。
Aさん一家は312万円を生活費に回せます。今年1年の実際の年間支出は300万円でした。312万円>300万円です。その差額の12万円の余裕があることになります。

この12万円をAさん一家の旅行のような夢プランに充てることもできますし、もっと貯蓄したいと思えば貯蓄に回せます。

生活費に回せる金額 = 年間支出額 の場合

収入と支出のバランスが数字上は取れていることになります。税金も納め、貯金もできています。現状の暮らしぶりに満足していれば心配いりません。

もし生活に不満がある場合は、貯金の割合や支出の中身を見直していくと生活の質が変わっていきます。同じ金額でも満足度の高い暮らしに変わります。

生活費に回せる金額 < 年間支出額 の場合

例えばAさんの実際の年間支出額が330万円だとすると、312万円<330万円となり、18万円の赤字です。その場合は、貯蓄の金額を減額するか、支出を見直さなくてはなりません。

Aさんの希望の年間貯蓄額は74万円(貯蓄50万円、学資保険24万円)ですが、これを62万円(貯蓄32万円、学資保険24万円)にするか、赤字の18万円分の支出を見直すか、貯蓄と支出の両方を見直すかになります。

収支がトントンもしくは赤字の場合、支出の見直しをすることが多いと思いますが、無謀な貯蓄計画を立てている場合もあるので、その貯金額に無理はないか、家族が満足に暮らしていける落としどころを含めて見直してましょう。

◆次回の記事はこちらです◆
家族の願いを実現するマネープラン作り【夢を叶える家計管理(5)】



ベルメゾンネット

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いている人

木野うめこ(Umeko_Kino)

木野うめこ(Umeko_Kino)


夫と小学生の男の子2人、4人家族の40代主婦。シンプルライフを心がけています。日常のことをいろいろ公開しています。(詳細プロフ

プロフィール画像は【ココナラ】で依頼しました。⇒お名前・電話番号の入力不要。無料会員登録はこちら
紹介コード「x4nn3」を使ってください。新規登録の方に300pt付きます。