うめこログ 

40代子育て主婦のシンプルライフログ

【プチ品格サロン】横田真由子さん講演会とバッグ選びのQ&A

calendar

reload

2016年7月28日(木)に神楽坂のブックカフェ神楽坂モノガタリで催された「使いやすくて美しいバッグを手に入れる プチ品格サロン」に行ってきました。

講師は横田真由子さん。『本当に必要なものはすべて「小さなバッグ」が教えてくれる 』の著者です。

私の読書記録 『本当に必要なものはすべて「小さなバッグ」が教えてくれえる』

実物の横田真由子さんはとても素敵な方でした。私の主観ですが、「偏見のない人」という言葉がしっくりくる方でした。

スポンサーリンク

【プチ品格サロン】Part1 講演会

まず簡単な自己紹介から始まり講演に入ります。本と同じ内容のことを話してもナマの言葉で聞くとストンと落ちてきました。本以外の面白エピソードもたくさんありました。さすがに全部は伝えられないのですが、私のメモの中から幾つかシェアしたいと思います。

いろんなものを見て簡単に買わない

著書でも一番上のものと下のものを体験することを薦めていましたが、普段からいろいろなものを本当によく見ているそうです。見ることに時間をかけ簡単に買ってしまわないこと。買いたくなったらその場を離れてお茶に行くといいとも。

たくさん見ればおのずとふさわしいものがわかる

いろいろ見ているといちばんしっくりくるものがおのずとわかってくるそうです。選ぶのが得意になってくるとのこと。その結果、お客さまのショッピング同行は30分でその人にいちばんふさわしいものを選べるそうです。

ファストファッションの買い物のコツ

とことん安いもの

ファストファッションは価格を一番重視するとのことです。とことん安いものを探すそうです。

決めつけない

私のサイズはMとかLとか決めつけないそうです。XSからXLまで試着していちばん自分に似合うものを選ぶのが大事とのこと。ファストファッションに限らず試着して鏡から1.5m離れた位置で見るといいと仰っていました。

トップスは首回り

値段が安い分多くを求められないので、色々なサイズを試着して、首回りがいちばん自分に合っているものを重視するそうです。

Part2 バッグ選びのQ&A

Part1終了後は休憩をはさみ、バッグ選びの質問タイムです。横田さんに直接訊けます。

仕事でどうしてもA4サイズが入るものを選ぶ。何を基準にすればいいか?

黒以外の色をすすめていました。大きいほど色がある方が軽く見えるからです。グリーンは「どんな花でも葉と茎は緑なので実は何色にも合う」とも。

傷がついてもいい素材。ピグ(豚革)素材。マチあり、脚あり(汚れがつかないように)。タブレットバッグも薦めていました。

2個持ちもすすめていました。食事のときは大きいバッグを預け、小さいバッグで行動の自由度を上げた方がいいそうです。

カジュアルなときはどんなバッグがいいか?

ウォレットバッグのような斜めがけショルダー、外国のショッピングバッグ、紙にコーティングしてあるような素材、ベジバッグ、ブランドのエコバッグなどを薦めていました。持っていて楽しくなるものを薦めていました。

社会人1年目はどんなバッグがいいか?

ブランドのロゴが目立たないもの、一目でブランドとわからないものがいいそうです。

旅行のバッグのコツ

大きいバッグの中にコスメ類を入れたクラッチバッグを持っていくそうです。レストランに行くときはコスメ類を宿泊先に置いて、そのクラッチバッグに財布や携帯を入れて使うそうです。

小さくたためるワンピースとヒールも必ず持っていくとのことです。

布バッグの手入れのコツ

使う前に防水スプレーや静電気防止スプレーを汚れやすい持ち手やカドにそうでスプレーすると汚れにくく長持ちするそうです。

メンテナンスのコツ

1日1回全部出す。次の日に使わないのであれば、詰め物をする。汚れは拭いておく。革は湿気を嫌うので、雨の日はカバンをひたすら守るそうです。

クローゼットにしまいっぱなしにしないで、5月の天気のいい日に吊っておくといいとも。

夫婦間で買い物の合意は得られるのか?

ボーナス時期は欲しいものリストを書いてお互いに見せあい、話し合っているそうです。価値観が違うと高額なものを買ってきたときに隠しがちになるので(笑)、最初からオープにしているほうが理解してもらえるとのこと。

書店員さんによる本の紹介

会場がブックカフェだったので書店員さんが本日の【プチ品格サロン】の内容から世界が広がる本を紹介してくれました。セレクトした本が「こうくるか!」という感じのものばかりだったので、紹介したいと思います。(画像はアマゾンリンクです)

↓↓↓横田真由子さんの本です。

貴重で有意義な2時間でした。タイミングが難しく写真は1枚も撮れませんでした。



ベルメゾンネット

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いている人

木野うめこ(Umeko_Kino)

木野うめこ(Umeko_Kino)


夫と小学生の男の子2人、4人家族の40代主婦。シンプルライフを心がけています。日常のことをいろいろ公開しています。(詳細プロフ

プロフィール画像は【ココナラ】で依頼しました。⇒お名前・電話番号の入力不要。無料会員登録はこちら
紹介コード「x4nn3」を使ってください。新規登録の方に300pt付きます。