世界にひとつ

今までも書きましたが、次男の入学準備が後手後手です。手さげや体操着入れといった袋モノは幼稚園のものを使い回すつもりでいました。しかし上履き入れに問題発生。入園当時に長く使うことを見越して長めに作ったのですが、小学校の上履きの幅が大きい。いざ入れるとなるとキチキチ。大人でも苦戦するレベル。次男に試しに出し入れしてもらったところ、くじけていました。

縫い代はギリギリなので広げられず、新しく作るしかない。私は手仕事が嫌いだ。買ってもいいのだが、いざ買うとなると求めるものがいろいろ出てしまう(作れないくせにね)。あと、もう売れ残りしかなさそうだし。

とりあえず、近所の手芸屋に直行。端切れ布のコーナーを見たら、使えそうな布がほとんどなかった。なぜか和柄の座布団みたいな布ばかり。今から材料を求めるのはやはり出遅れ組なのね。ひとつだけ使えそうなものがあったのでそれを購入。持ち手やDカンは希望の色のものが売り切れ。耐久性に不安があるが100均で揃えた。

16033031
約2時間でとりあえず完成。他人が見れば波打ってる縫い目がバレバレ。材料費は¥600くらいでした。思ったより高くついた気がします。

幼稚園時代の上履き入れと比較。
1603302
こんなに幅が違う。今度は幅を広げ過ぎたかな。長男に「上履き入れなの!?体操着入れかと思った。」と率直な感想を言われる。そこが母ちゃんの味だ(不器用な自分を正当化)。

手さげや体操着入れとお揃いでなくなりチグハグ感満載。同じ布もうないんだ。端切れなので余りもほとんどなかった。正規の布を買えばいいけど、手芸屋にある布の種類が多すぎて私には何がいいのか解らない。

私はこれを参考にして作りました。もちろんアップリケとかの細かい作業は省略。縫い代は鉛筆で線を引きました。

あと、お裁縫の本って「いちばんやさしい」と謳っていてもこの本に限らず、本当にできない人には記述がちんぷんかんぷんなんですけど・・・。パソコンの取説の方がまだ解かりやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。