うめこログ 

40代子育て主婦のシンプルライフログ

おたふく風邪と対処方法について

calendar

reload

医師
次男がおたふく風邪にかかりました。

スポンサーリンク

おたふく風邪と対処方法

2~3週間前に幼稚園でおたふくの子が出たので、そこでもらったのでしょう。潜伏期間を経て発症。病院に行ったら、同じクラスの子もおたふくで診察を受けてました。

予防接種より確実に免疫がつくので、もらいたいなあと思っていたらうつりました。ありがたい。

初期症状と対処方法

次男の場合ですが、夜中に突然耳が痛いと泣き叫びました。この時点で顔が腫れはじめていました。(耳の痛さと顔の腫れに時間差がある場合もあります)

とりあえず冷却シートを切って頬の後ろ(耳の下)に貼りました。しばらくして痛みが和らぎ再び眠りに落ちました。冷やすのは有効です。

病院に行って

翌朝地元の小児科に行きました。直接の治療薬はありません。痛み止めとして処方されたのはカロナール。いつもの解熱剤と同じでした。カロナールなら家にあったと思いましたが、医者の指示を受けてからの方が安心・確実です。自己判断はやめておきましょう。

初日はずっと痛がっていたので飲ませました。薬が効いてる間は普段通りです。6時間くらいして薬が切れるとのたうちまわっていました。

翌日からは食事、睡眠のときに痛がりました。3日目の昼から食事をしても痛みが出なくなりました。顔の腫れが引くまでは1週間くらいだそうです。

「再診察は顔の腫れがなくなってから。」と言われました。(まだ腫れているうちに診せにきても意味がないとのこと)

次男の症状について

次男の症状は多分重い方。エサをたくさん頬張ったリスのように顔が腫れました。熱もMAXのとき39度出ました。

とはいえ、元気です。いつもの風邪の熱のときは39度あるとぐったりしていますが、おたふくで39度でも食欲あるし、昼間は普通に起き上がっています。

しかし、食欲はあるものの柔らかい食材のバナナを噛むだけで痛いらしく、ろくすっぽ食べられません。噛むと痛がるので、ゼリー、プリン、スープ、果汁(酸味があると痛みを感じるらしく、リンゴかぶどう果汁)、バナナ等を食べさせました。顔を冷やしながら食事させると、噛んでも痛みがマシなようです。

睡眠も寝るとカーっと体が燃焼して熱くなる体質ですが、体が温まると痛みが出るらしく眠いのに七転八倒。食べたいのに食べられない、眠いのに眠れないというのは辛いところ。

3日が経ち痛みがだいぶなくなったようですが、顔はまだ腫れています。腫れている間は人にうつす時期なので外出禁止です。

次男は4日目くらいから少しずつ顔の腫れが引いてきました。入浴は身体が温まると痛むらしいので、ごはんを食べても痛みを感じなくなってから入浴を再開しました。7日目に通常っぽく見えたので再診察。再診察翌日からの登園許可が出ました。

診断後もおかしいと感じたらすぐ病院へ

2学期の終わりごろ、長男のクラスの子がおたふくからの髄膜炎になり入院していました。じわじわ進行していったそうです。3学期からは元気に登校しているので良かったです。今のところ次男に異変はみえないので大丈夫だと思いますが、様子がおかしいと感じたら病院です。

症状は個人差があるかもしれない

5年前に長男がかかったときは軽かったです。片耳の後ろが少し腫れるくらいで熱も出ませんでした。ただの耳下腺炎でおたふくじゃなかったのかな?と思うくらいでした。もしあれがおたふくでなければ、ここで次男かもらってほしい。

夫も私も子どもの頃にかかったけど、どのくらい痛かったかは全く記憶がありません。

後日、次男から感染したらしく長男もおたふく風邪になりました⇒おたふく風邪って2回かかるの? どうやら過去の腫れは耳下腺炎だったようです。



ベルメゾンネット

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いている人

木野うめこ(Umeko_Kino)

木野うめこ(Umeko_Kino)


夫と小学生の男の子2人、4人家族の40代主婦。シンプルライフを心がけています。日常のことをいろいろ公開しています。(詳細プロフ

プロフィール画像は【ココナラ】で依頼しました。⇒お名前・電話番号の入力不要。無料会員登録はこちら
紹介コード「x4nn3」を使ってください。新規登録の方に300pt付きます。