【夏休みの簡単ランチ】混ぜ寿司

 

スーパーでおいしそうな「ちくわ」を購入しました。購入したちくわを使って、お昼ごはんに混ぜ寿司を作りました。混ぜ寿司は火を使わずにできます。

混ぜ寿司は火を使わずにできる

購入したちくわ

税抜き198円。普段は100円以下のちくわしか買わないのでわが家にはぜいたく品です。

生ちくわ

パッケージから出しました。

生ちくわ パッケージなし

やっぱりおいしそうです。思い切って(?)買って正解でした。

材料

  • 温かいごはん
  • 合わせ酢(市販のものでも可)
  • お好みの具材(何種類でも可)

今回はちくわ、コーン缶、ツナ缶、きゅうりにしました。ごはんは炊きたてのごはんにしましたが、余りごはんがあればレンジで温めても作れます。

具材はカニかま、鮭フレーク、ハム、漬物等何でもいけます。家にあるものでできます。炒り卵(または錦糸卵)を加えると見栄えが良くなりますが火を使います。卵を焼くのが苦にならなければ入れてみてください。

お刺身等をのせればゴージャスになります。アレンジ自由自在です。

作り方

ごはんに合わせ酢をかけて混ぜ、具を入れて混ぜるだけです。

混ぜ寿司 オールパン

恥ずかしながら家に飯台がないので、オールパン(フライパン)で混ぜました。

出来上がり

大葉や刻み海苔があるとなおGOODです。

火なし 混ぜ寿司

あいにく大葉も海苔も切らしていたため家族からは大ブーイングでした。次男に「海苔がないなんて最低だ!」とまで言われる始末。そう言いつつもおかわりしてました。

酢飯はご飯が進みます。合わせ酢には砂糖、塩、酢が入っているので、熱中症対策もバッチリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。