【3日間集中片付け】定位置をきめる(2日目)

 

3日(1日2時間×3日=合計6時間)で衣装部屋を作る」の2日目です。部屋の入口そばの棚を整理しました。(⇒1日目の様子について)

現状

片づけをする部屋には収納が一切ありません。空間を利用できないので、数年前に夫が部屋全体を張り巡らす棚を作りました。棚を作ったことで高い位置にもモノが置けるようになりましたが、棚の高さなど何も計算せずに作りました。そのため棚の段にうまくはまるように収納するのが意外と大変です。

 

いわゆる置きっぱなしです。衣装ケースには家族のシーズンオフの服、バスタオル等が入ってます。卒業アルバムやアイロン、消耗品など雑多なものがこの棚に収められています。

2日目の作業

「出す」

ものをすべて出します。出したついでにホコリを取って拭き掃除もしました。

棚の上段

右端には「結婚式の思い出品」(夫の手書き)とラベルされた薄汚い段ボールがあります。多分、芳名帳とかが入ってます。一生開けない気がします。そろそろ処分してもいい気がします。

 

棚の下段

「分ける」、「捨てる」

今回分けたのは捨てるもの(不要品・ゴミ)と捨てないものだけです。

紙ごみ

 

ビニールや包装材のゴミ

 

不要となったファイル

戻す

棚に残すものを元に戻します。衣替えで最低限の点検はしているので、衣装ケースの中の衣類やタオルの整理整頓は今回しませんでした。ここまでで2時間。トータル4時間です。

2日目のBeforeとAfter

棚の【Before】



 

棚の【After】



衣装ケースは元々和室の押し入れに置いていました。衣装ケースは押し入れの奥行きサイズなので実はこの棚の奥行きと合っていません(^^;)  差し障りがないので強引に使っています。

定位置が決まる

今まで巨大アイロン台はこの部屋のチェストの前に立てかけていました。定位置ができました。帰宅したときに置くバッグの位置が定まりました!これでリビングの床に直置きしなくてすみそうです。

 

バッグの横の黒いかごにはエコバッグ等が入ってます。

今まで黒いかごに入っている中のものの定位置がありませんでした。携帯スリッパは授業参観の度に「どこにしまったっけ?」と毎回探していました。定位置があるって素晴らしいです。

探し物が少なくなると思うと余計なストレスも減りそうです。

入口付近を片付けるとスッキリ感が格段にUP

2日目の部屋全体の【Before】(1日目終了時点と同じ状態です)

衣裳部屋片付け1日目終了

 

【After】

部屋の入口付近が整うと部屋全体の印象がUPすると思いました。「部屋感」が出てきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。