鍋の数いくつ? 鍋の適正数と収納について考える

 

鍋をいくつ持っているか気になり数えてみました。鍋はいくつあればいいのか、鍋の収納場所についても考えました。

鍋の数いくつ?

わが家の鍋は9つ、主な収納場所はシンク下

わが家にある鍋は全部で9個でした。シンプルライフを意識している人の中では多いのかな?という気がします。

わが家の鍋の定位置はシンク下に8つ、シンク隣の作業台にひとつです。重い鍋が多いので地震対策も兼ねて下の位置に置いています。

122101

写真の赤枠の部分は前後2列に鍋を置いています。

 

鍋を順番に見ていきます。

毎日使うもの3つ

シャトルシェルフ

122102

毎日のごはん炊きに使用。炊飯器は持っていません。説明書には3合炊きと書いてありますが、4合までいけます。

アサヒ軽金属のプリンセス鍋SとL

122103

Sは毎日のみそ汁作りに使用。Lは煮物や野菜ゆでに使用。

週に2~3回以上使うもの4つ

オールパン26cmと22cm(と蒸し用の皿)

122104

オールパンは炒め物、焼き物に使用しています。主菜的なものは26cm、副菜的なものは22cmです。

テフロンは1年くらいすると効力が落ちますね。使い終わったらすぐ水につけないようにして冷めてから洗うように気をつけていましたが効力落ちてきました。普通に油入れて使ってます。効力が落ちたといっても、しっかり焼いてひっくり返す分にはこびりつきません。

卵焼き器とミルクパン

122106

無名の安いものです。ミルクパンはタレとか合わせ調味料作りに使用しています。

週に1回くらいで使うものひとつ

アサヒ軽金属のゼロ活力なべ(とガラス蓋)

122105

カレーやシチュー、ミートソース作りに使用。ゆで豆、煮豆もよくします。金時豆は圧力鍋だと割れてしまいますが、自宅の食事なので割れてしまう見た目よりも時間短縮を優先して使っています。

月に1度使うかどうかのものひとつ

両手鍋

122107

サイズの大きい鍋です。結婚式の引き出物。すき焼き、麺をゆでるときに使用しています。

鍋の数と収納を再考する

全部取り出して再び考えます。少し多いような気がします。整理(処分)するなら、両手鍋と卵焼き器でしょうか?

両手鍋は、鍋料理なら26cmのフライパンで対応できそうだし、麺も圧力鍋をガラス蓋にして普通の鍋仕様にすればゆでられる。卵焼き器は22cmフライパンで対応できそう。2個整理すればトータルは7になります。

収納場所も写真に撮って振り返ると、毎日使うプリンセス(片手)鍋を後ろに置くのは非効率的のような・・・?でも、フライパンと入れ替えると背の高い片手鍋が手前にくるからフライパンが取り出せなくなりそうです。

試しにこの2つを抜いて、両手鍋のあったところにフライパンを移動してみました。使う頻度を考え、プリンセス鍋(片手鍋)を手前に出し、両手鍋はプリンセス鍋の後ろに置きました。

122108

ちょっとだけスッキリしたかも。よく使うものを手前に出したので快適になりました。

ただ、どの鍋もまったく使わない鍋ではないので、即手放すという気持ちになれませんでした。結局どの鍋も処分は見送り、その後も持ち続けています。なぜかすき焼き用両手鍋もよく使うようになりました。1回全部出してすべての鍋の存在を把握できたからかもしれません。

鍋はどのくらいあれば足りるのか?

家族人数やライフスタイルの違いもあるから一概に言えないけど、鍋はどのくらいあれば大丈夫なのかな?と思いました。

『玄関から始める片づいた暮らし』広沢かつみ(青春文庫) にヒントが書かれていました。

 自宅のコンロは、ガスコンロでもIHクッキングヒーターでも、たいてい3つ口またはそれ以下です。一度に使える数は3個が限度、だから、フライパンは、大・中・小または卵焼き用の角型フライパンのどれか3つさえあれば足りるわけです。

実際のところ、フライパンを3ついっぺんに使うことはありえないので、それ以下でも大丈夫です。

鍋も、よく使う片手鍋または両手鍋3種類に揚げ物鍋や蒸し鍋、土鍋など。

 

『玄関から始める片付いた暮らし』広沢かつみ(引用した正確なページは電子書籍なので不明)

玄関から始める片づいた暮らし (青春文庫)

玄関から始める片づいた暮らし (青春文庫)

広沢かつみ
691円(11/20 14:32時点)
発売日: 2014/12/10
Amazonの情報を掲載しています

コンロの口数から考えるというのも面白いですね。この記述をヒントに考えるとフライパン系3つ、鍋3つの合計6つプラスアルファくらいあれば充分と言えそうです。

わが家のフライパン系はオールパン2つと卵焼き器1つで合計3つ。鍋は片手鍋3つと両手鍋2つで合計5つ。圧力鍋1つ。トータル9。迷っている卵焼き器と両手鍋を処分しても7個です。たとえ処分しても日々の料理にそれほど影響ないのかもしれないと思いました。(でも未だ持ってます、使っているので良しとしてます)

ここではカウントしてませんが、ホットプレート(台所に置けないので別の場所にある)とやかん(コンロの上)があります。ホットプレートはワンシーズンに1,2回くらい使ってます。

アサヒ軽金属の鍋について

アサヒ軽金属の回し者みたいになっていますが、単に好きなのです。少しずつ揃えてきました。水もガスも少なく調理できて重宝しています。水1/2カップでゆで卵が本当にできます。

圧力鍋もカレーとかならシュッシュいった時点で火を止められるので怖くありません。どれも重いのが難点ですが、この重さが調理時間の短縮とおいしさに貢献していると思います。

T-falの鍋も良さそう

テフロンは経年劣化するので定期的に買い替えになります。T-falのセットも取り回しや収納を考えると良さそうです。

【まとめ】鍋の数と収納について

  • フライパン系3つ、鍋3つの合計6個を基準に考えてみる
  • 頻度と他の鍋で代用できるかで処分を考える
  • よく使うものを手前に、あまり使わないものは後ろに置く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。