バリカンでおうち床屋|子どもの夏の髪型は坊主に限る

 

4月に切った子どもたちの髪が伸びてきてた。兄弟共に汗かきで(同じ運動をしてもウチの子たちだけなぜか汗の量が違う)、見るからに暑苦しい。

夏の男子は坊主だ!おうち床屋だ!夫と私にできるのは坊主だ!

バリカン選びのポイント

水洗いできる

今どき水洗いできないものはないと思うが、水洗いできるものは終わった後の手入れが楽です。

アタッチメントが豊富

アタッチメントが豊富だと、好みの髪の長さに調整できます。

今回の散髪の様子

長男は「坊主はイヤだ」と言って、今回は1,080円床屋での散髪を希望した。親の付き添いなしで、ひとりで行けるようになったから良しとした。しかし、1,080円とはいえ毎度行かれても困るので、次回(夏休み)は「おうち床屋で坊主だからね。」と念を押した。

次男はまだ床屋に慣れていないので緊張するらしく、おうち床屋を承諾。今回は夫が切った。坊主といってもやや長めの12mmのアタッチメント使っている。しかし、毎年恒例のことなのに、終わって鏡を見た次男はショックを受けていた。「元に戻して!」と言ってたな。

うっかり「いいね、クレヨンしんちゃんだね。」と言ったら凹んでいたので、「すっごく似合ってるよ。強そうだよ。」とたくさん伝えておいた。本当にバリカン後の方が精悍でいいぞ。サッパリした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。