【ヒラキ株主優待】夫は「一生靴を買わない」と言った

 

夫はヒラキ株式会社の株を持っています。8月の終わりに株主優待の案内(カタログと注文ハガキ)が届きました。夫は嬉々として注文ハガキを出しました。

ヒラキの株主優待について

株主優待は2,000円分のヒラキお買い物券

ヒラキの株主優待は2,000円分のヒラキ商品が購入できるとのことです。注文したものが2,000円以上になる場合は、オーバーした分を自己負担するのだそうです。

ヒラキ株式会社 コード【3056】

 

  • 株主優待は100株以上で2,000円相当のヒラキお買い物券
  • 2016/9/7の終値は709円

 

※これが高値か安値かは私には分かりません。株購入の際はよく考えて時機を見てください。

先日注文した商品が届きました。

2016ヒラキ株主優待

スニーカー(税込1,490円)と半袖Tシャツ(税込410円)の合計1,900円(税込)です。

株主優待の送料について

ヒラキの株主優待は2,000円以下でも送料がかかりません。(2016年8月末現在)

ヒラキは通常のお買い物だと、税込3,240円未満の場合は送料が864円、税込3,240円~税込5,400円未満の場合は送料が540円かかります。優待が2,000円でも送料が864円かかったらガッカリです。しかし、株主優待の場合は送料はかかりませんでした。

夫の外見に対するこだわりは最低レベル

この2,000円分の株主優待は年1回です。「毎年優待で靴がもらえるんだよ。もう一生靴を買わない。」とご満悦。

もちろん冠婚葬祭用などの靴は履きつぶしたら買い換えるので日常の靴という意味です。人と接するお仕事の方はこうもいきませんが、夫は1年中スニーカーでも大丈夫。

家計的には助かりますが1,480円の靴で満足している夫ってある意味すごい。数年前に夫が出張先のフィリピンで「現地の人よりボロボロの靴を履いてた」というエピソードがあります。こういう人なので洒落たレストランなどに行く機会は限りなくゼロです。

「あまり安物ばかりで妻として恥ずかしくないのか?」と思う方もいるかもしれません。夫婦そろって出かける機会もほとんどないので、恥ずかしい場面に遭遇することがありません。

今のところ直接私に忠告してくる人もいないので、周囲もそこまで気にしていないと思います。人の持ち物にあーだこーだいう人と接点がないのも幸いです。

夫が自分の外見に対するこだわりがミニマムなのはいいけど、私の買い物にブランド品じゃなくても「高い」と言います。そこが難点でしょうか。妻がヨレヨレの外見でも気にならないのはラクですが、私が自分で自分に注意を払わないと女性としてヤバい人になる可能性が大いにあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。