うめこログ 

40代子育て主婦のシンプルライフログ

電気が使えない!漏電ブレーカーの故障と対処方法

calendar

reload

前触れもなく突然漏電ブレーカーが壊れました。故障から復旧までの経緯と必要なことの記録です。

leakage-breaker

スポンサーリンク

漏電ブレーカーの故障

成人の日3連休初日。午前中に夫と子どもが出かけました。洗濯、掃除、買い物を済ませ、11時近くから至福のくつろぎタイム。

私の好きなフィギュアスケートの録画を見始めるも突然テレビが消えました。FAXやネットのルーターも落ちていました。「あれ?停電?」と思ってスマホで停電情報を検索します。自分の住んでいる地域の停電情報は特にありませんでした。

ブレーカーを見てみました。漏電ブレーカーが落ちていました。とりあえず漏電ブレーカーを上げてみます。するとテレビが付きました。

「停電じゃなかったんだ」と思い、録画を見始めるも数分もしないうちにすべてがシャットダウンされました。「漏電ブレーカー落ちる→上げる」を3回くらい繰り返すも最終的に落ちました。

ああ、これは私にはどうしようもできないレベルだと思い、家族の帰宅を待つことに。することがないので昼寝してました(笑)

14時ごろに夫と子どもが帰宅。夫にも見てもらい、同じように「漏電ブレーカー落ちる→上げる」を繰り返し、故障と判断。

分電盤の様子

distribution-board
この写真では上に上がっていますが、赤い部分(漏電ブレーカー)のスイッチが数分で下に落ちてしまいます。横の小ブレーカーを全部「切」にしてもすぐに落ちます。

漏電ブレーカー故障から復旧までの流れ

東京電力に連絡

どこに連絡すればいいのか見当もつかないのでまずは東京電力に電話しました。

1時間後くらいに来てくれるも、「漏電ブレーカーそのものの故障ですね。これと同じ部品がありません、電気工事会社に来てもらってください。ウチが紹介しているとことは土日祝日やっていないんですよ~。」と言われました。3連休初日に何というセリフ・・・。

(料金はかかりませんでした、ここで部品交換や工事が発生すると実費負担になると思います)

電気工事会社を探す

次は電気工事会社を探す必要があることがわかりました。数年前のタウンページを幸いにも保管してました。いざというときはアナログが役に立ちます。


最初に近所と思われる電気工事の会社に電話するも「個人は請け負っていない」と断られました。片っ端からかけていく気力もないので、自宅からは遠いものの大きな広告を載せている業者に電話をしました。「21時ごろでもいいか?」と言われ、他に心当たりもないので依頼しました。

失敗だったのが夫の帰宅まで待ってしまったこと。最初の東京電力に早めに電話すれば、その後も早め早めに手を打てたのではないかと思いました。

日没前に買い物や料理をしておく

電気はすべて使えませんが、幸いにも水道とガス(ガスコンロ)は使えました。わが家の給湯はガスですが電気もかかわってくる部分があります。そのためお湯は使えませんでした。とりあえず明るいうちにに夕飯の支度をしました。

懐中電灯や当面の灯りになりそうなものが家にない場合は日没前に買いにいきましょう。

ロウソクと懐中電灯、豆電球でしのぐ

17時少し前に夕飯の支度を終えました。まだ外に明るさは残っているものの日が傾いたので家の中は暗くなりました。

candlelight
ロウソクと懐中電灯、子どものチャレンジの付録の豆電球、夫の不用品部品の豆電球がその場をしのぐ灯りとなりました。電気復旧までにロウソク2本を使い切りました。

することもないので結局17時から夕飯にしました。携帯に着信があり、18時過ぎに来てくれることに。ありがたや。

電気が使えないから家の中が静か。太鼓とかシロフォン(鉄琴)といった子どものおもちゃの楽器以外、音が出るものはありません。

わが家に乾電池で動くラジオはありますが電波受信が悪く、NHK第1と第2しか入りません。週末の夕方の時間帯のせいかどちらも子どもが興味を示さないラジオ番組内容でした。

wi-hiは使えないけどスマホは使えます。格安スマホなので電池がみるみる減っていきます。連絡手段用に温存したいため娯楽として使うのはためらわれました。

日没前ならできることもいろいろありますが、日没後はできることが本当に限られてきます。絵も字も暗くて書けません。しりとりとか歌を歌うくらい。ええ、両方ともしました。

話が弾む家庭だとそこまで辛い時間にならないと思いますが、男3人と私のわが家はトークがさっぱり盛り上がりません。

分電盤の交換作業

18時過ぎに業者がきました。工事中、子どもは歌を歌ったり、暗闇ジェスチャーゲームみたいなものをしていました。変な家族と思われたであろう。

New分電盤

18時45分頃、工事完了。電気復旧。漏電ブレーカーだけでなく分電盤を丸ごと交換しました。費用は3万3,000円かかりました。相場がわかりませんが、急な依頼の割に妥当ではないかと感じました。業者の方はやり手そうに見えるも信頼感のある人に感じました。(どちらかというといい人に当たった印象がありました)

分電盤の寿命

東京電力のパンフによると漏電ブレーカーの寿命は15年くらいだそうなので、25年持ったから長持ちした方なのでしょう。故障の前触れとかは何もありませんでした。いきなり昇天されました。

マンションが築25年なので、ここ数年何かしら修繕関係の費用が発生しています。漏電ブレーカーの故障は私の人生で初めて遭遇しました。

モバイルバッテリーの必要性を痛感

防災グッズの備えは必要だなあと痛感。天災時にだけ使うとは限りません。ロウソクと懐中電灯があるだけでもだいぶ違いました。

何よりモバイルバッテリーの必要性を痛感しました。今回はスマホがたまたま充電されていたのが不幸中の幸いでした。

今回のようにわが家だけ電気がつかない状態なら、懐中電灯などの防災グッズはたとえ備えてなくても買いにいけます。

でもモバイルバッテリーは買いに行ったとしても充電できません。モバイルバッテリーこそ備えておかないと連絡手段が絶たれてしまう可能性がありました。


CXLiy モバイルバッテリー 大容量 24000mAh 携帯充電器 LCD残量表示 LEDライト付き 急速充電 出力(1A+2.1A+2.1A)と入力搭載 各種機種対応 海外旅行/出張/地震防災 付属袋(防水)
(Amazon)

現代社会はライフラインを一つでもやられるとお手上げですね。

まとめ:漏電ブレーカー(分電盤)故障の際の対処方法

  • 故障と気付いた時点で早めに地域の電力会社に連絡をする
  • 電力会社に見てもらい対処してもらう
  • 電力会社で対処できない場合、電気工事会社を紹介してもらう or 自力で業者を探す
  • 懐中電灯やロウソクの備えがない場合は暗くなる前に買いに行く、食事の用意は明るいうちに
  • 連絡手段のためにモバイルバッテリー大事



この記事をシェアする

コメント

  • この時の対処法は主幹の漏電ブレーカが故障しているのがかくじつなのでその漏電ブレーカーを外して
    40Aの主幹ブレーカーから同じ色の線を繋いでビニテで絶縁しての直結でいけますよ。
    で、後日、分電盤交換です。また漏電ブレーカーは子ブレーカー(20A)のやつもそれぞれ漏電ブレーカーに
    したほうがいいですよ。
    ただ、これが理論的に理解出来ないなら触らない方が身のためです。

    by 電気工事士 2018年3月27日 08:25

    • 電気工事士さま

      本職の方からのコメントありがとうございます。
      主幹の漏電ブレーカーの故障なのですね。
      ご説明頂いた対処方法はうっすらイメージできましたが
      我が家の手に負えそうになかったので
      やはりプロにお任せするしかなかったと思います。
      身近に電気工事士さんのような方がいるとイザというとき心強いですね。

      by 木野 うめこ 2018年3月27日 20:59

down コメントを残す




書いている人

木野うめこ(Umeko_Kino)

木野うめこ(Umeko_Kino)


夫と小学生の男の子2人、4人家族の40代主婦。シンプルライフを心がけています。日常のことをいろいろ公開しています。(詳細プロフ

プロフィール画像は【ココナラ】で依頼しました。⇒お名前・電話番号の入力不要。無料会員登録はこちら
紹介コード「x4nn3」を使ってください。新規登録の方に300pt付きます。