皿盛りのわが家のおせち

わがやのおせち。財運(栗きんとん)と健康(黒豆)を露骨に願います。

160101_R

 

こんな感じでお皿に盛りつけています。重箱はもっていません。重箱に憧れています。子どもの運動会のお弁当にも使えるし、いいなあと思うのですが、購入に至らず。毎年お皿で出しています。多分、このままでいくでしょう。

栗きんとんは子どもが大好きですが、元旦以降に出すと手を付けてくれないので、大きめのさつま芋1本分で作りました。それでも余ったらパイシートに包んで、スイートポテトパイにします。

さつま芋の裏ごし大変でした。途中から嫌になってマッシュしました。私の最大の短所はこのガサツさです。

黒豆はレーズンと一緒に煮ました。煮詰めすぎて豆が煮汁から顔を出し、見事にシワシワになりました。

なますは、れんこん、かぶ、大根、にんじんです。わが家は全員甘酢の味が好きなので消費します。

私が子どもの頃は、「お正月くらいは世のお母さんがラクできるように3日間はおせちにするんだよ」と聞かされて1月3日まで毎食おせちでした(親戚の家にいってもおせち)。

今、私が子どもや夫に同じことを伝えてもさっぱり伝わらないので、おせちを食べるのは元旦の朝と昼だけです。それでも昼はブーイング。

なので、確実に食べきれること、かつ、家族の好みと願いを踏まえると、このメニューがわが家の定番になりました。毎年同じものを作っているので、量と味付けの調節がだいぶできるようになってきました。

多分、家族的には作っても作らなくてもどちらでもいいのだろうけれど、私の1年に1度の心意気です。「おかあさんの黒豆はシワシワだったな~」と子どもの記憶に残ってくれれば嬉しい限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。