長男と次男の水着を取り違えた

 

小学校の水泳授業が終了しました。1回の水泳授業は2時間です。全5回。トータル10時間。規定時間に達したら終了です。私が子どもの頃より水泳に時間を割かなくなった気がするのですが、全国的にそうなのでしょうか?

そんなただでさえ少ない水泳授業ですが、今年はほとんどプールに入れずじまいでした。その理由は、この辺りによるものです。

  • 体調不良(やむをえない)
  • 水泳カードにハンコがない(親のチエック不足)
  • ゴーグル忘れ(本人のチェック不足)

 

しかし、昨日、長男から「おかーさん、水泳バッグに次男の水着が入ってたよ。」との報告が!長男の水着のサイズは140cmです。次男の水着は本来は120cmですが、130cmサイズにしています。

何とかギリギリ着用できたので次男の水着で水泳授業を受けたとのこと。「ちょっとキツかった」と言われた。そうだよねえ。悪かった。

何より「1年」と書いてあるゼッケンの水着は相当恥ずかしかったのではないだろうか?クラスの子には「ドンマイ」と言われたそう。みんな優しいねえ。ありがとう。

ホントに気を付けようと思ったけど、今年度の水泳授業はもう終了なのでした。残りは夏休みのプールだけど、家で服の下に水着を着て出かけるからやらかしはないであろう。

いや、待てよ。「親は当てにできないと思って、今後は自分でしっかり確認するいいチャンスかも。テキトー母は思うのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。