保護者会で高学年男子と女子の違いに衝撃を受ける

上の子の保護者会がありました。出席率は3分の1くらい。高学年だとこんなものです。先生からはクラスの様子や通知表について一通りの説明がありました。

その後、出席した保護者ひとりひとりに自分の子どもについて良いところや気がかりなところについて話す時間となりました。こういう保護者会は今のクラスでは初めての試みです。

びっくりしたのは、男女の精神の差です。女子の保護者からは体型変化を気にして給食や家の食事を極端に食べない、父親を避けるようになったの声が上がりました。ウチの子の困ったところなんて「裸で家の中をうろつく」くらい。言ったところでウケ狙いにしか思われなかった。

私の中では結構真剣なんだけど、女の子のリアルな姿を知り、まだまだかわいいレベルの困りごとだと思いました。(ちなみに中高生の男の子の兄弟がいるお家から「大きくなってもウロウロしていてそのままよ」と言われました。そういうもんだと思ってしまえば気が楽です。)

そういえば、自分が子どもの頃も「男子ってなんでバカなんだろう・・・?」と思っていたな。そんな私は典型的なイヤなタイプの女子でした。

あと、男子は休日もサッカーや野球やバスケをやる子はその活動で精一杯という感じなのに対し、女子は友達と映画を観に行ったりプリクラ撮って過ごすという話を聞いてそれもビックリ。

映画館なんて私の住む居住地には徒歩や自転車で行けるところにない。電車に乗って20~30分もしくは車を出さないといけないところ。もしかしたら保護者も付き添っているのかもしれないけど、保護者なしの場合はいろいろ教えたり考えなければいけないことも発生してきます。

いろいろ訊いて、私、女の子が欲しかったけど、絶対うまくいかないと思いました。

ただ男の子はぶっとびエピソードが大きくなるにつれていろいろ出てくるからなあ。知人の話ですが、知人の男の子が数年前高校生でした。そのときは卒業できるかできないかが最大の心配事でした。学校に来ないので出席日数が常にギリギリだったとのこと。

引きこもるタイプではなく、バイトや仲間と遊んでばかりで行かないパターンでした。紆余曲折を経て高校卒業は無事にできたので、いろいろあったけど良かったねえとその時は皆で安心しました。

そして今現在21くらいなのかな?今の心配はお付き合いしている彼女がアラサーだということだそうです。彼女が年上ということより、本人がまだしっかり働いていないのに結婚を意識するような年齢の人と付き合っているのが心配だのだそう。

下世話に聞いている分には面白エピソードだけど、確かに当事者だとやきもきですね。

こういう話を聞くと、結局男の子でも女の子でも幾つになっても心配事は尽きないということかもしれません。デーンと構えられる母ちゃんが理想です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。