小学校低学年男子って・・・

5月は小学校の面談がありました。私の住んでいる地域は家庭訪問の学校と面談の学校が混在しています。時代的には面談になっていくのかな?

長男は低学年のときに担任だった先生なので、長男の性格や学力を把握しているから世間話程度で終了。気楽だった。

次男はどうかな?と思いつつ面談に臨む。担任の先生に「まだ入学してわずかなので、お子さんの様子はどうですか?」と先に訊かれてしまった。その質問、こっちがしたかったよ~。

「楽しんで登校しています。ただ何事も解っているようで解っていないことが多いみたいで、その辺がどうかな~と思います。」と伝えたところ、

「私もそう思います。それなので席替えのとき中央の一番前にしました。騒いだりせずに話は静かに座って聞いているんですけどね。」

・・・お見通しでしたか。
いや、目が届くという意味ではありがたいけど、露骨に直球投げられると何と答えて良いのやら。

幼稚園のときも参観とかに行くと、宇宙と交信しているのか心ここにあらず魂抜かれた感じで座ってたんだよね。小学校行ってもそんな感じなんだな、きっと。
解らないことだらけで学校に行くのも不安じゃないのかな?と思うけど、そういうのはないらしい。

長男のときは初めての子という意味で不安はあったが、次男は次男で違う意味で不安になる。次男だけちょっと心配な状態なのかな?と思うことも多い。ただ同じ学年のお母さんとLINEのやりとりなどをしていると、男の子はトホホなエピソードがいろいろ出てくる。似たり寄ったりだったりするのでホッとする。冗談抜きに給食だけ食べに行ってる感じ。

男子さっぱり解らんよ。でも女の子だったら絶対私とガチンコになりそうだから、どんな子どもが私の元にきても常に頭を悩ませているんだろうな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。