PTA活動終盤

 

3学期となり今年度のPTA活動も終わりが見えてくるようになりました。

3つの役員かけもち中

1学期は前年度の活動が残っていて4つかけ持っていましたが、2学期以降は地区委員、推薦委員、クラス委員の3つになりました。

推薦委員は来年度の本部役員を受けてくださる方がいて2学期で無事に終了することができましました。その年によって引き受け手がいないと3学期に持ち越す場合もあるので、ありがたかったです。

来年度は会長も副会長も男性なので、どんどん効率的な運営に変わりそう。変わっていってほしい。限界の制度だ。お金で解決できる活動があれば解決してもらいたくらいだもん。

地区委員も次年度の役員が無事に決まりました。三役決めが揉めることなくすんなり落ち着いたのでホッとしました。その場で引継ノートを渡したのでこちらも実質活動終了です。

地区委員は私の住む地域は人数が少ないのと諸々の活動が不活発な地域なので、今年度は委員長さんと一緒にさらに係の仕事を減らしてしまいました。

地区活動については学校側はノータッチ。減らしたことに対して学校からも家庭側からも特にクレームは出ませんでした。子どもの数も減っているし負担を減らすくらいでちょうどいい。

来年度の方に変えていけることを伝えたところ、「自分たちのやりやすいように変えたい」と前向きに取り組んでくれそうな雰囲気でした。

「こうした方がいいんじゃないか」と意見を出してくれて、今年度の代が全く気づかないような考え方でした。それを採用したらもっとスムーズになりそう。

「絶対無理」、「できません」とゴネる人はいなくて「できないときはカバーしよう」という人たちばかりなのでホッとしました。みんな働いているし、シングルの方とかそれなりに事情のある方もいたのに感謝です。

中学高校でもPTA活動は続くのか・・・?

しかし、いつまで続くんだろう。中学でのPTAのダークな話を聞くから、まだまだ続くのでしょう。

来年度の役員の中に「(上の子の)高校の部活の係を来年度やることになった」という方がいて、「高校生になっても親が関わるの!?」とビックリしたんだけど・・・。部活の内容にもよるのかな。先のことを気にしても仕方ない。

残るはクラス委員あとひとつとなりました。目の前のことに集中集中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。